キャンピングカーで家族と旅する47都道府県

☆キャンピングカーの旅は現在34/47県目です☆

【心の旅】ベッドに寝転んで映画を観よう♬

こんにちは。旅するオルガンです。

今回のテーマは「心の旅♬ベッドに寝転んで映画を観よう♬」がテーマです。

 

もともと映画は映画館で観るよりもベッドにごろーーーっと寝転んで観るのが好きです。

 

今年は2回入院したこともあってAmazon primeでいっぱい映画を観ました。

 

ずっと沈静化してた映画熱が再燃!

 

2カ月に39本観ました。

 

その前は数年で6本だから今年はすごい燃え上がりです。

 
くだらないものも好きですが、TED(下品なクマのぬいぐるみの話)はもうホントにくだらなくて。笑

 

「投げ出したらダメ!」と途中で自分に喝を入れてみたけど、やっぱり最後まで観られず断念。

 

カッコつけてる訳じゃないんだけど、大ヒット映画はあまり観ません。

 

静かな映画が好きです。

 

小さい頃から音楽ばかり聴いていたので、テレビはほとんど見ません。

 

芸能人もあまり知らないのですが、今回の映画三昧で宮崎あおいさんを知りました。

 

とっても可愛い!


▐▐▐ ┆▐▐ ┆▐▐▐ ┆▐▐ ┆▐▐▐ ┆▐▐ ┆


【近年に観たもの】

パンとスープと猫びより( ˊᵕˋ* )
カモメ食堂
メガネ
しあわせのパン
ぶどうの涙
アナと雪の女王


【この春に観たもの】

プラダを着た悪魔
セックスアンドシティ
深夜食堂
滝を見に行く( ˊᵕˋ* )
天国のスープ
くちびるに歌を( ˊᵕˋ* )
三谷幸喜short cut
結婚できない男
今度は愛妻家
愛を積む人
タイピスト( ˊᵕˋ* )
さいはてにて
死にゆく妻との旅路
インスタント沼
西の魔女が死んだ
タイヨウの歌
黄色いゾウ
タニタの社員食堂
ビリギャル( ˊᵕˋ* )
神童
世界の中心で、愛を叫ぶ
ホテルコンシェルジュ
ペット
ツレがウツになりまして
おくりびと
バチェラージャパン
フラガール
カルテット
下妻物語
メゾンドヒミコ
船を編む( ˊᵕˋ* )
阿弥陀堂だより( ˊᵕˋ* )
WOODJOB
LITTEREFOREST夏
しあわせのかおり( ˊᵕˋ* )
ふしぎな岬の物語
天国からのエール
テルマエロマエ
テルマエロマエ2

 

▐▐▐ ┆▐▐ ┆▐▐▐ ┆▐▐ ┆▐▐▐ ┆▐▐ ┆

 

半年も経たないうちに2回も入院と手術…。

 

つらい日もあったけど「大切な人を大切に」「大切なことを大切に」っていう当たり前のことに気付けた時間でもありました。

 

映画の中にはいろんな人生があって「そのままでいいよ」と言われたような気がしました。

 

ありがとう、Amazonprime 。映画、ばんざーい!

【岩手の旅】盛岡冷麺を食べに行こう♬

こんにちは。旅するオルガンです。

今回のテーマは「岩手県の旅♬盛岡冷麺を食べに行こう♬」です。

 

2017年の夏は「青森・秋田・岩手」を旅しました。霧雨の中、世界遺産中尊寺を訪れ、平和を祈りました。雨に濡れるもみじはもう秋の気配を纏っていました。紅葉はさぞや見事だろうなと思いました。金色堂はピッカピカでした。f:id:nekoorgan:20170816073512j:image

 

 

 

 

盛岡では念願の冷麺を。今まで食べて来た冷麺とはちょっと違います。まろやかで優しい味。とっても気に入りました。ここでもパパは食べ歩き。麺を見ると食べ歩く習性があるようです。笑

f:id:nekoorgan:20170816073539j:image

 

 

 

 

 

スーパーで前沢牛を買って、帰りの車内で調理して食べました。私は赤身、パパは霜降りが好きです。

f:id:nekoorgan:20170816073504j:image

 

 

 

 

 

 

 

岩手と言えば銀河高原ビール宮沢賢治の世界観が伝わります。美しいラベルです。

f:id:nekoorgan:20170816073609j:image

 

 

 

 

 

 

 

小岩井農場に向かう道には牧場とひまわり畑が。

f:id:nekoorgan:20170817103219j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小岩井農場では乳製品をいくつか買って車内での食事でおいしく頂きました。この絵文字、かわいい♡ソフトクリームもバタークッキーもおいしかったです。

 

いつかわんこ蕎麦にも挑戦してみたいな。ありがとう、岩手県。旅、ばんざーい!f:id:nekoorgan:20170817103249j:image

 

【秋田の旅】秘湯!乳頭温泉鶴の湯に出掛けよう!

こんにちは。旅するオルガンです。

今回は「秋田県の旅♬秘湯!乳頭温泉鶴の湯に出掛けよう♬」がテーマです。

 

2017年の8月は「青森・秋田・岩手」を旅しました。青森と秋田にまたがる世界自然遺産の「白神山地」でも、秋田の乳頭温泉でもブナの原生林に出会いました。空気がおいしい!すーっと深呼吸。小川は夏でも冷たくて澄んでいました。フサスグリの実を息子が見つけて、みんなでぱくり。乳白色のお湯は肌になじんで最高でした。ここで人生初の混浴も経験しました!お湯が真っ白なので平気。親子四人であったまりました。

まさに名湯、まさに秘湯でした。

f:id:nekoorgan:20170816011854j:plain

 

秋田と言えば、かまくらなまはげ、忠犬はち公など名物がいっぱいですが、大好きなのはこれ!きりたんぽ!比内地鶏とキノコとセリも買って鍋にしました。最高♡それから、いぶりがっこも大好きです。純米吟醸北秋田で秋田名物を頂きました。おいしい!

2015年の北海道旅行の帰りに立ち寄った花輪サービスエリア。味噌焼ききりたんぽも絶品だったなあ。また食べたーい!

f:id:nekoorgan:20170816002332j:image

 

 

 

 

冷夏で雨続きでしたが、この日はピカーッと晴れました。夏空の青さを映す田沢湖と、緑に揺れる緑の田んぼがあまりに美しくて、子ども達と駆け出しました。瑠璃色の田沢湖、最高です!f:id:nekoorgan:20170816011926j:image

 

 

 

 

 

それから、みちのくの城下町「角館」の町並みを眺めて、抱返り渓谷へ。水がとても澄んでいます。パパはドローン撮影、娘はボート遊び、息子はアミを片手に潜って魚を探すのに夢中でした。

f:id:nekoorgan:20170816011934j:image

 

 

 

 

 

 

 

新緑の山々を映す水面が美しいです!秋田は川も山も海も美しくて、水も空気もとってもおいしい。食材がおいしくなるのが頷けます。

 

今度は鳥海ブルーラインの入口にある元滝伏流水と七代佐藤養助の稲庭うどんのお店にも行きたいな。ありがとう、秋田県。旅、ばんざーい!

f:id:nekoorgan:20170816012029j:image

【富山の旅】ヒスイ海岸でキャンプをしよう♬

こんにちは。旅するオルガンです。

今回のテーマは「富山県の旅♬ヒスイ海岸でキャンプをしよう♬」がテーマです。

 

2014年の夏は両親も一緒に北陸の旅をしました。旅の大きな目的は、亡くなった祖父を偲んで福井県永平寺を訪ねることでした。無事にお参りを済ませ、石川県で観光した後、旅の最後に富山県にやって来ました。

 

長い道中、頑張った子ども達と思い切り夏を満喫しようということでヒスイ海岸へ。金沢から90分程の距離です。日本の渚100選にも選ばれています。

 

テントで眠ってみたいという子ども達の夢も叶えようと、朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場の予約をしました。

 

晩御飯はバーベキュー。子ども達はパパとテントでぐっすり。とても嬉しそうでした。

 

翌日は海水浴とヒスイ探し。

 

みんなで一攫千金(!?)を夢見て探しました。笑

 

たくさん集めた「これぞ!」という石を受付のおじさん達に見てもらったら、こちらの写真の石がヒスイでした♡

 

富山県の旅は日程の都合でここまで。短い滞在でしたが、三世代一緒の夏の思い出ができました。

 

いつか黒部ダムにも行ってみたいな。

 

富山県、ありがとう。旅、ばんざーい!

f:id:nekoorgan:20170705111732j:plain

【青森の旅】美しき奥入瀬渓流に会いに行こう♬

こんにちは。旅するオルガンです。

今回は「青森県の旅♬美しき奥入瀬渓流に出掛けよう♬」がテーマです。

 

2017年の8月は「青森・秋田・岩手」の三県を巡りました。

始めに向かったのは世界遺産の「白神山地」です。水面が鏡のように美しい。

f:id:nekoorgan:20170815182344j:image

 

 

 

 

青池も神秘的。すぐ側の池とこんなにも色合いが違うなんて。水が澄んでいます。

 

大学生の頃、両親と満開の桜が咲く弘前城を訪れました。本当に素晴らしかった!バス旅の途中に焼き団子を食べたり、俳句を作ったり、昼寝をしたりしてすごく楽しかったのを覚えています。旅の思い出は家族の宝物です。

f:id:nekoorgan:20170815182559j:image

 

 

 

 

その後、アオーネ青森でパパと息子は幻の魚「イトウ」のお刺身に初挑戦。

臭みがなく、香りが華やかで鮮烈だったそうです。

f:id:nekoorgan:20170815182842j:plain

 

 

 

 

 

 

ここはアスレチックも広い芝生もあって、子ども達はニコニコと走り回っていました。

 

2015年の北海道旅行の帰り道は函館から青森港までフェリーに乗ったので、その時も青森に少し立ち寄っています。いろんな種類のリンゴジュースを一本ずつ買ってみんなで飲み比べたのが思い出です。一番気に入ったのは「ぷちねぶた」という金魚の絵が書いてあるリンゴジュース。青森の極楽湯にはヒバの湯船もありました。森の香りです。ご当地グルメのカレーミルクラーメンにも挑戦しました!

f:id:nekoorgan:20170815182727j:plain

 

 

海沿いや田んぼの中を走る五能線の深浦駅。ここで深浦産の本マグロを買いました。

今夜のおかずです。大間よりも深浦の方がマグロの漁獲量が多いと知ってびっくり。

f:id:nekoorgan:20170815183238j:plain

 

 

 

 

 

 

 

それから、海辺を散歩。海がとてもきれいです!晴れた日は夕陽も最高だろうな。

岩肌も珍しい色合いで、日本じゃないみたいです。息子が撮ってくれました。

f:id:nekoorgan:20170815182902j:plain

 

 

 

 

 

 

道の駅の近くにいい宿泊ポイントがあり、息子は目の前の海で釣りを楽しみました。

お刺身が食べられない私と娘はエビやサザエの海鮮バーベキュー。

お刺身で食べられるほど新鮮な深浦のサザエが1つ100円程です。とてもおいしい!

f:id:nekoorgan:20170815183212j:plain

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、娘は海でゴムボート遊び。その後、強い雨になりました。

日本一長い木造橋の「鶴の舞橋」に着くと雨が止みました。ありがたい。

f:id:nekoorgan:20170815185030j:plain

 

 

 

 

津軽ではリンゴ畑の間を走行。可愛い実がたくさん実っていました。さすがは青森!

f:id:nekoorgan:20170815183324j:plain

 

 

 

 

 

 

青森駅前に着くと青森魚菜センターへ。大間のマグロなどを購入して嬉しそうなパパ。

その後ワラッセというねぶたの展示館へ。いつかねぶた祭りで賑わう青森が見たいな。

f:id:nekoorgan:20170815185110j:plain

 

 

 

 

 

 

 

翌日は十和田市現代美術館へ。私、大興奮!美術館前の広場も楽しみました。

美術館の中ではスタンディングウーマンが印象的でした。

f:id:nekoorgan:20170815185247j:plain

 

 

 

 

 

 

それからいよいよ奥入瀬渓流へ。

その前に入口にある星野リゾートのラウンジで誕生日のお祝いにケーキを食べました♡

f:id:nekoorgan:20170815185333j:plain

 

 

 

 

 

こちらはラウンジにある岡本太郎さん作の巨大暖炉をイメージしたケーキです。

f:id:nekoorgan:20170815185319j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の影響を心配しましたが、この美しさ!

十和田湖から14キロも美しい渓流が続き、側を散策したりドライブしたりできます。

f:id:nekoorgan:20170815185357j:plain

 

 

 

 

 

滝もふたつ見に行きました。こちらは銚子大滝。マイナスイオンいっぱいです。

奥入瀬渓流はまたゆっくりと訪れたいです。

f:id:nekoorgan:20170815185418j:plain

 

 

 

 

 

その後、透明度の高い美しい十和田湖を眺め、スワンボートに乗りました。

パパは張り切ってドローンで動画を撮影してくれました。

 

海に三方を囲まれた青森は海の幸もおいしく、県内は豊かな自然が。美しい針葉樹が立ち並ぶ山々はまさに「青い森」でした。

 

青森名物をカネタ玉田酒造店の純米吟醸やシードル(リンゴのお酒)で楽しみました。

 

今度は下北半島にも行ってみたいな。ありがとう、青森県。旅、ばんざーい!

f:id:nekoorgan:20170815185438j:plain

 

 

【沖縄の旅】本島そして離島の海に会いに行こう♬

こんにちは。旅するオルガンです。

今回は「沖縄の旅♬本島そして離島の海に会いに行こう♬」がテーマです。

※沖縄はキャンピングカーではなくレンタカーで旅をしました。

 

初めて沖縄を訪れたのは1990年。雪国から南国へ両親に連れて行ってもらいました。ソーダブルーの海に感動して、花や果物で飾られたジュースに目を丸くして、ボリューミーなステーキに驚きました。ひめゆりの塔、万座毛、鍾乳洞などにも訪れました。

f:id:nekoorgan:20170610135640j:plain 

 

それから20年後の2010年。まだ小さい子供達を連れて沖縄本島を訪れました。

f:id:nekoorgan:20170705112129j:plain

 

いつもは車内泊ですが沖縄ではホテル!心が躍ります。ザ・ビーチタワー沖縄に泊まったのですがホテルの快適さに感激。ドラゴンフルーツやスターフルーツもここで初めて食べました。

 

瀬底島では初めてヤドカリを見ました。サンゴのかけらがいっぱいでいい音がします。 美ら海水族館では大きな大きなジンベエザメが泳ぐのを見ました。キレイな海でいっぱい泳いで、てんtoてんなどのソーキそば屋さんを巡って、首里城にも行きました。

 

私も夫も育児と仕事と家事で無我夢中の日々を送っていましたが、沖縄の海を見たら疲れやストレスがスーッと溶けていったのを覚えています。夢中で旅を楽しみました。f:id:nekoorgan:20170705111717j:plain

 

 

 

 

 

ゆんたくではゴーヤチャンプルやソーメンチャンプルー、海ぶどうなど沖縄料理を満喫!

f:id:nekoorgan:20170610140128j:plain

 

旅行はお金が掛かります。「お金がないから遠出の旅行は無理」とはじめは思っていました。でも、また家族と沖縄に行くために家計には「旅行費」の項目が増えて貯金を頑張るようになりました。

 

そして、旅の余韻を味わうように、我が家のお茶の定番はさんぴん茶になりました。

サーターアンダギーも大好き♡

f:id:nekoorgan:20170610140600j:plain

 

 

 

 

そして、2年後の2012年。今度は石垣島竹富島を訪れました。

 

石垣港から向かった竹富島では白砂の道に赤瓦の屋根が並んでいました。ブーゲンビリアが咲く中を観光客をのせた水牛がのんびりと歩いていていきます。私たちもシーサーを眺めながらのんびり歩きました。高所恐怖症のパパはなごみの塔で「ひー!」と言っていました。笑

たけのこで食べたソーキそばはやさしい味わい。カイジ浜では大勢の人と一緒にしゃがんで星の砂を探しましたが見つからず。坂道を歩いていたら軽トラのおじいちゃんが「荷台に乗っていけ」と言って止まってくれたました。忘れられない思い出です。コンドイビーチに着くと、空も海も水色。のんびりとしたネコ達が迎えてくれました。遠浅のあたたかい海に雨が降り出して、天国に来たんじゃないかと思いました。「地球って素晴らしーーい!」って叫び出したいぐらい。そして「旅するって素敵だーー!」と心底思いました。

f:id:nekoorgan:20170810143402j:plain

 

 

 

フサキビーチでは青い魚が泳いでいました。大きな貝殻を見つけてびっくり。思い出がつまった大事な宝物です。底地ビーチではパパがシュノーケリングに夢中になっていつまでも大の字で海に浮かんでいました。息子が浅瀬でヒトデを見つけて大喜び。マエサトビーチにはニモやヤドカリもいっぱい。米原海岸やサンセットビーチでも遊びました。

 

川平湾ではコバルトブルーの海を眺めてグラスボートにも乗りました。

 

ドライブしてマングローブを見に行ったり、玉取崎展望台を散歩したりもしました。 

f:id:nekoorgan:20170810143433j:plain

 

 

 

石垣島では豆腐チャンプルー、ゆし豆腐、なかみ汁にポーク玉子焼きなどいろんな物を食べました。平久保崎の灯台までドライブに行って、帰りに明石食堂で食べたお昼ごはんもおいしかった。なかよし食堂のお味噌汁もおいしかったなあ。具がいっぱいで甘めの味噌。旅の間、2回食べたのは蒲鉾の中に御飯が入っているブラックジューシー。こういうの好きです♡さよこの店のサーターアンダギーも、an石垣ジェラートのミルクジェラートも、山本の焼肉も、川平ファームのパッションフルーツのジュースも絶品でした。

 

説明ばかり長くて写真が少ないのは、年子の子ども達(この頃はまだ幼児)の手を握って歩いていたからです。抱っこしたり、おんぶしたり、荷物がずり落ちたり、何かの途中に大慌てでトイレに連れて行ったり、何度も着替えさせたり。そういう時間が今は懐かしいです。今は小学生になった子ども達。今は旅先で大自然に駆け出していく子ども達の表情と美しい景色を追いかけてカメラばかり構えている私たちです。

 

沖縄は飛行機に乗って出掛けて行く場所なのに「ただいま」と言いたくなるのはどうしてなんだろう。帰りの飛行機に乗り込む時は「いってきます。また頑張ってくるよ。」と思います。涙ぐみそうになるくらい心の底から。沖縄の癒しの力ってすごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから3年後の2015年。

 

人生の折り返し地点を迎え、人生初のひとり旅に出掛けました。

 

まずは飛行機で宮古島まで行き、レンタカーを借りて来間島に渡ります。

 

来間大橋からはウミガメが!

 

大興奮です。

f:id:nekoorgan:20170810151537j:plain

 

 

 

 

海に触れたくてたまらず、猫の下ビーチへ。かわいい貝殻と出会いました。

f:id:nekoorgan:20170810151741j:plain

 

 

その後、雑貨屋さんにふらりと立ち寄って、展望台で美しい与那前浜を眺め、サトウキビ畑を抜けて長間浜で夕陽を眺めました。

 

翌朝は張り切って宮古島の砂山ビーチへ。どこに行っても海が美しい!

 

宮古島来間島池間島伊良部島下地島も…どの島も珊瑚でできているのだそうです。びっくり!

f:id:nekoorgan:20170810151951j:plain

 

 

 

 

 

 

 

西平安名崎。港もこの美しさ!!

 

小さな雪塩ミュージアムでバウムクーヘンのお土産を買いました。

f:id:nekoorgan:20170810152229j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、池間大橋を渡って、池間島をドライブ!きれいすぎる!!

 

大神島も見えました。

 

ゆっくり海を眺めて静かに人生を見つめるはずが、休む間もなく動き回っています。笑

 

美しい海と空が歩き出す元気をくれます。

 

難しいことはいつの間にか頭から消えています。

f:id:nekoorgan:20170810152433j:plain

 

 

 

 

 

 

島々をドライブしていると、こういう小道がたくさんあります。

 

そこを進んでいけば青い海が待っています。

 

名もない海辺(正確には、ちゃんと名前があるのだと思いますが)にたくさん立ち寄りました。

 

花や蝶も出迎えてくれます。

 

ありがとう。

f:id:nekoorgan:20170810152812j:plain

 

 

それから、レンタバイクに乗り換えて、できたばかりの伊良部大橋を渡ります!!橋からは夢のように美しい海。島々では、どこへ行っても海はきれいなのに、もっともっとたくさんの場所で海を眺めたくなります。海と空が呼んでいるようです。風を切って走ります。

f:id:nekoorgan:20170810153323j:plain

 

 

 

 

 

 

美しすぎる渡口の浜です。ため息が出ます。

 

この後、迷いに迷ってフナウサギバナタの展望台にたどり着きました。展望台の下も絶景でした。f:id:nekoorgan:20170810153633j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nekoorgan:20170810153852j:plain

 

 

展望台で貝殻細工を売っていたおじさんとのんびりと世間話をしました。宮古島に移り住んだおじさんの話を聞いて、なんだか胸が熱くなり、バイクに乗りながら自分自身のいろんなことで悩んでいたことを思い出しました。また道に迷いながらサトウキビ畑を抜け、フルフェイスの中で久しぶりに声を出して泣きました。

 

すると現れた犬。

f:id:nekoorgan:20170705112225j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてヤギ。

思わずバイクから降りて、犬とヤギと戯れました。かわいい子達だった。泣いたらスッキリして、ヤギと犬と一緒に写真を撮って来ました。

自撮り棒、大活躍です。笑

f:id:nekoorgan:20170705112216j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、伊良部島から下地島へと渡り、空港裏の海へと出掛けました。

 海が宝石みたいに輝いています。

こんなに美しい海は見たことがありません。

時間を忘れて眺めました。

f:id:nekoorgan:20170810155251j:plain

 

 

 

 

 

翌日、東洋一のうつくしさと言われる前浜。

パラセーリングシュノーケリングに挑戦しました。

言葉にならないほどの美しさでした。

いろんな物を食べましたが、丸吉食堂の蕎麦は絶品でした!f:id:nekoorgan:20170810155012j:plain

 

f:id:nekoorgan:20170810155616j:plain

 

 

 

東平安名崎では咲き乱れるテッポウユリを見ました。

 

それから、海に入るとすぐに生き物がいっぱい待っている新城海岸では、宮古島を愛するゲストハウスの方とゆったり話しました。楽しかった。

 

以前から興味があったロウソク作りにも挑戦。驚くぐらい元気です。f:id:nekoorgan:20170810160212j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nekoorgan:20170810160603j:plain

 

 

色々な海を訪ね歩いて、可愛い貝殻や珊瑚に出会いました。

 

夕陽も線香花火の様に紅くて大きくて、美しかった。

 

ひまわり畑も見に行ったし、いろんな景色を眺めました。

 

毎晩うさぎやという居酒屋に通って、一人旅をしている人達と話したり、沖縄民謡を聴いたのも嬉しかったな。御飯もおいしかった!f:id:nekoorgan:20170810154748j:plain

 

最終日は雨。最後に半潜船に乗りました。

f:id:nekoorgan:20170705111746j:plain

 

竜宮城かなと思う様な大きな珊瑚や美しい魚達がたくさん見られました。

f:id:nekoorgan:20170705111752j:plain

 

 胸がいっぱいの一人旅はおしまい。

 

一人旅をした宮古島のことは一生忘れないと思います。

 

いつかまた、家族と一緒に訪れたいです。

 

 

2017年の春はパパが本島に出張に行くことになりました。ビシッとスーツを着て上司と羽田空港に向かうパパ。でも、スーツケースに投網が入っているのを知っているのは妻だけです。笑

 

出張の後、上司と小宇利島などを観光して、別行動になってから伝説に残るゆんたく(?)を経験し、琉球ガラスのネックレスをお土産に持って元気に帰ってきました。

 

沖縄。

 

あんなに美しい場所に出会えて本当に良かった。

 

あの美しい海をずっとずっと守っていきたいな。

 

ありがとう、沖縄。旅、ばんざーい!

 

【福島の旅】うつくしま、ふくしまの自然を満喫しよう♬

こんにちは。旅するオルガンです。

今回のテーマは「福島県の旅♬うつくしま、ふくしまの自然を満喫しよう♬」がテーマです。

 

2017年の7月は福島県を旅しました。全国三位の広さを持つ福島。2泊3日でどこまで回れるかな!?まずは蔵の街喜多方でラーメンを食べようと、坂内食堂に出掛けました。ちょうど並びが少ない時でラッキーでした。パパが「ハシゴしてくる〜!」というので、蔵造りの和菓子屋さんで子ども達とかき氷を食べてきました。私は甘酒のかき氷。その後、住宅街の小さな公園で遊びました。地元の子どもみたいです。

f:id:nekoorgan:20170805173513j:image

 

 

その後、道の駅で届いたばかりのファントム3の箱を開けるパパ。子ども達も気になって仕方がない様子。「宿題、今のうちに終わらせちゃいなさーーい!」と、まるで自宅と変わらない様子の車内。笑

 

ママ「これドローン?」パパ「ううん、ファントム」って。何が違うの!?メカ音痴の私には分かりません。福島の7割が森林だとか。美しい自然の動画、いっぱい撮れるといいね。

f:id:nekoorgan:20170805173949j:plain

 

テスト飛行は成功の模様。ラジコン遊びが好きだったパパ。その成果なのかな?私なら初回に落下&水没は避けられない気がします。

 

そして、磐梯朝日国立自然公園に属する檜原湖に移動していよいよ初撮影です。f:id:nekoorgan:20170805173727j:plain

 

 

 

 

 

 

桧原湖ではカヤックに乗りました。息子が小さい頃から憧れていたのでこの日を楽しみにしていました。初めてでもスイスイ進んで、湖面を渡る風が気持ち良かったです。水も澄んでいてキレイ!冬は湖が凍って、ワカサギ釣りができるのだそうです。氷に丸く穴を開けて釣る様子、一度見てみたいなあ。

 

もくもく自然塾の優しいガイドさんが桑の木の側まで漕いで行って「黒い実を食べてみてください」と言いました。こういうの嬉しい!しかも、甘くておいしいです♡みんなで湖の中の無人島まで漕ぎました。パパは湖岸からの初撮影、大成功です!

f:id:nekoorgan:20170720004232j:plain

 

その後、五色沼へと向かいました。エメラルドグリーンの湖は吸い込まれる様な美しさです。湖の周りを散策して水の色の移り変わりを楽しみました。五色沼には子どもの時にも来たことがあるのですが、こうやって親になって子どもを連れて再び訪れることができて幸せだなあと思いました。

f:id:nekoorgan:20170805174418j:plain

 

 

 

 

 

それから、日本の道100選の「磐梯吾妻スカイライン」を通って標高1600mの浄土平ビジターセンターに向かいます。雲の上までドライブすると、別世界が待っていました!硫黄の匂い!この景色!子ども達が「ヤッホーーーー!!!」と言うと山の向こうから「ヤッホーーーーーー」と返ってきました。感動。やまびこ、できたねーー!!

 

そして、ここではキャンピングカーのお友達ができました。お孫さん6人を連れて旅している元気なおじいちゃん。旅の後、猟銃で仕留めた鹿のお肉を送って頂いたりと交流が始ました。感謝。

f:id:nekoorgan:20170805174400j:plain

 

 

吾妻小富士の火口を見るため階段を登ります。火口の周りには柵もありません。しかも強風。こわいーーー!!!直径500mのすり鉢状の火口は迫力がありました。ここを登ると標高は1700mになります。日本じゃないみたい!すごい景色が広がっています。f:id:nekoorgan:20170805174256j:plain

 

 

 

 

 

その後、福島県道70号の不動沢橋まで行って就寝。つばくろ谷からの高さは84m。トイレはあるものの夜は外灯もなく真っ暗闇です。親子でぴったりくっついて駐車場を歩きました。「こわいー!」と言っていると蛍!金の粉を夜に振りまくように小さな光が天に向かって飛んでいました。見上げると降ってきそうな星空。水の音が谷底から聞こえました。

 

翌朝は美しい朝焼けが出迎えてくれました。

f:id:nekoorgan:20170805174340j:plain

 

 

 

清々しい旅路の朝です。

f:id:nekoorgan:20170805174323j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからまた移動して、達沢不動滝へ。小川の水もきれいで散策の途中に足を浸して遊びました。丸太の橋も渡って嬉しい気持ち。森はいいなあ!滝は水が銀色に見えました。

f:id:nekoorgan:20170805174142j:plain

 

 

 

 

 

散策の後は雨になりました。お昼ご飯を作っている間、子ども達は宿題。天候に左右されず自炊ができるところがありがたいです。この日のお昼はカレーです。

 

旅先でパパが口うるさく言うのは「節水」。油が落ちやすいよう、この旅からプラスチックのお皿をやめました。新しい食器はパパからのプレゼントです。わーい♡旅先でママが口うるさく言うのは「車内美化」。こちらについては試行錯誤中です。f:id:nekoorgan:20170805174240j:plain

 

 

 

 

それから、猪苗代湖の小石が浜キャンプ場に行きました。湖畔まで車で乗り入れて車内泊ができます。天気が悪かったからか7月の三連休にも関わらず、宿泊はうちともう一台だけでほぼ貸切でした。バーベキューを楽しみました。翌日はピカーンと晴れて、SUPを楽しむ人もやってきました。息子は小エビを採って夢中で遊んでいました。帰り道には白河ラーメンを食べました。思い出の地、那須まで下道でドライブしてて帰宅。今度は会津若松にも行ってみたいな。ありがとう、福島県。旅、ばんざーい!

f:id:nekoorgan:20170805174111j:plain