キャンピングカーで家族と旅する47都道府県

☆キャンピングカーの旅は現在34/47県目です☆

【沖縄の旅】本島そして離島の海に会いに行こう♬

こんにちは。旅するオルガンです。

今回は「沖縄の旅♬本島そして離島の海に会いに行こう♬」がテーマです。

※沖縄はキャンピングカーではなくレンタカーで旅をしました。

 

初めて沖縄を訪れたのは1990年。雪国から南国へ両親に連れて行ってもらいました。ソーダブルーの海に感動して、花や果物で飾られたジュースに目を丸くして、ボリューミーなステーキに驚きました。ひめゆりの塔、万座毛、鍾乳洞などにも訪れました。

f:id:nekoorgan:20170610135640j:plain 

 

それから20年後の2010年。まだ小さい子供達を連れて沖縄本島を訪れました。

f:id:nekoorgan:20170705112129j:plain

 

いつもは車内泊ですが沖縄ではホテル!心が躍ります。ザ・ビーチタワー沖縄に泊まったのですがホテルの快適さに感激。ドラゴンフルーツやスターフルーツもここで初めて食べました。

 

瀬底島では初めてヤドカリを見ました。サンゴのかけらがいっぱいでいい音がします。 美ら海水族館では大きな大きなジンベエザメが泳ぐのを見ました。キレイな海でいっぱい泳いで、てんtoてんなどのソーキそば屋さんを巡って、首里城にも行きました。

 

私も夫も育児と仕事と家事で無我夢中の日々を送っていましたが、沖縄の海を見たら疲れやストレスがスーッと溶けていったのを覚えています。夢中で旅を楽しみました。f:id:nekoorgan:20170705111717j:plain

 

 

 

 

 

ゆんたくではゴーヤチャンプルやソーメンチャンプルー、海ぶどうなど沖縄料理を満喫!

f:id:nekoorgan:20170610140128j:plain

 

旅行はお金が掛かります。「お金がないから遠出の旅行は無理」とはじめは思っていました。でも、また家族と沖縄に行くために家計には「旅行費」の項目が増えて貯金を頑張るようになりました。

 

そして、旅の余韻を味わうように、我が家のお茶の定番はさんぴん茶になりました。

サーターアンダギーも大好き♡

f:id:nekoorgan:20170610140600j:plain

 

 

 

 

そして、2年後の2012年。今度は石垣島竹富島を訪れました。

 

石垣港から向かった竹富島では白砂の道に赤瓦の屋根が並んでいました。ブーゲンビリアが咲く中を観光客をのせた水牛がのんびりと歩いていていきます。私たちもシーサーを眺めながらのんびり歩きました。高所恐怖症のパパはなごみの塔で「ひー!」と言っていました。笑

たけのこで食べたソーキそばはやさしい味わい。カイジ浜では大勢の人と一緒にしゃがんで星の砂を探しましたが見つからず。坂道を歩いていたら軽トラのおじいちゃんが「荷台に乗っていけ」と言って止まってくれたました。忘れられない思い出です。コンドイビーチに着くと、空も海も水色。のんびりとしたネコ達が迎えてくれました。遠浅のあたたかい海に雨が降り出して、天国に来たんじゃないかと思いました。「地球って素晴らしーーい!」って叫び出したいぐらい。そして「旅するって素敵だーー!」と心底思いました。

f:id:nekoorgan:20170810143402j:plain

 

 

 

フサキビーチでは青い魚が泳いでいました。大きな貝殻を見つけてびっくり。思い出がつまった大事な宝物です。底地ビーチではパパがシュノーケリングに夢中になっていつまでも大の字で海に浮かんでいました。息子が浅瀬でヒトデを見つけて大喜び。マエサトビーチにはニモやヤドカリもいっぱい。米原海岸やサンセットビーチでも遊びました。

 

川平湾ではコバルトブルーの海を眺めてグラスボートにも乗りました。

 

ドライブしてマングローブを見に行ったり、玉取崎展望台を散歩したりもしました。 

f:id:nekoorgan:20170810143433j:plain

 

 

 

石垣島では豆腐チャンプルー、ゆし豆腐、なかみ汁にポーク玉子焼きなどいろんな物を食べました。平久保崎の灯台までドライブに行って、帰りに明石食堂で食べたお昼ごはんもおいしかった。なかよし食堂のお味噌汁もおいしかったなあ。具がいっぱいで甘めの味噌。旅の間、2回食べたのは蒲鉾の中に御飯が入っているブラックジューシー。こういうの好きです♡さよこの店のサーターアンダギーも、an石垣ジェラートのミルクジェラートも、山本の焼肉も、川平ファームのパッションフルーツのジュースも絶品でした。

 

説明ばかり長くて写真が少ないのは、年子の子ども達(この頃はまだ幼児)の手を握って歩いていたからです。抱っこしたり、おんぶしたり、荷物がずり落ちたり、何かの途中に大慌てでトイレに連れて行ったり、何度も着替えさせたり。そういう時間が今は懐かしいです。今は小学生になった子ども達。今は旅先で大自然に駆け出していく子ども達の表情と美しい景色を追いかけてカメラばかり構えている私たちです。

 

沖縄は飛行機に乗って出掛けて行く場所なのに「ただいま」と言いたくなるのはどうしてなんだろう。帰りの飛行機に乗り込む時は「いってきます。また頑張ってくるよ。」と思います。涙ぐみそうになるくらい心の底から。沖縄の癒しの力ってすごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから3年後の2015年。

 

人生の折り返し地点を迎え、人生初のひとり旅に出掛けました。

 

まずは飛行機で宮古島まで行き、レンタカーを借りて来間島に渡ります。

 

来間大橋からはウミガメが!

 

大興奮です。

f:id:nekoorgan:20170810151537j:plain

 

 

 

 

海に触れたくてたまらず、猫の下ビーチへ。かわいい貝殻と出会いました。

f:id:nekoorgan:20170810151741j:plain

 

 

その後、雑貨屋さんにふらりと立ち寄って、展望台で美しい与那前浜を眺め、サトウキビ畑を抜けて長間浜で夕陽を眺めました。

 

翌朝は張り切って宮古島の砂山ビーチへ。どこに行っても海が美しい!

 

宮古島来間島池間島伊良部島下地島も…どの島も珊瑚でできているのだそうです。びっくり!

f:id:nekoorgan:20170810151951j:plain

 

 

 

 

 

 

 

西平安名崎。港もこの美しさ!!

 

小さな雪塩ミュージアムでバウムクーヘンのお土産を買いました。

f:id:nekoorgan:20170810152229j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、池間大橋を渡って、池間島をドライブ!きれいすぎる!!

 

大神島も見えました。

 

ゆっくり海を眺めて静かに人生を見つめるはずが、休む間もなく動き回っています。笑

 

美しい海と空が歩き出す元気をくれます。

 

難しいことはいつの間にか頭から消えています。

f:id:nekoorgan:20170810152433j:plain

 

 

 

 

 

 

島々をドライブしていると、こういう小道がたくさんあります。

 

そこを進んでいけば青い海が待っています。

 

名もない海辺(正確には、ちゃんと名前があるのだと思いますが)にたくさん立ち寄りました。

 

花や蝶も出迎えてくれます。

 

ありがとう。

f:id:nekoorgan:20170810152812j:plain

 

 

それから、レンタバイクに乗り換えて、できたばかりの伊良部大橋を渡ります!!橋からは夢のように美しい海。島々では、どこへ行っても海はきれいなのに、もっともっとたくさんの場所で海を眺めたくなります。海と空が呼んでいるようです。風を切って走ります。

f:id:nekoorgan:20170810153323j:plain

 

 

 

 

 

 

美しすぎる渡口の浜です。ため息が出ます。

 

この後、迷いに迷ってフナウサギバナタの展望台にたどり着きました。展望台の下も絶景でした。f:id:nekoorgan:20170810153633j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nekoorgan:20170810153852j:plain

 

 

展望台で貝殻細工を売っていたおじさんとのんびりと世間話をしました。宮古島に移り住んだおじさんの話を聞いて、なんだか胸が熱くなり、バイクに乗りながら自分自身のいろんなことで悩んでいたことを思い出しました。また道に迷いながらサトウキビ畑を抜け、フルフェイスの中で久しぶりに声を出して泣きました。

 

すると現れた犬。

f:id:nekoorgan:20170705112225j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてヤギ。

思わずバイクから降りて、犬とヤギと戯れました。かわいい子達だった。泣いたらスッキリして、ヤギと犬と一緒に写真を撮って来ました。

自撮り棒、大活躍です。笑

f:id:nekoorgan:20170705112216j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、伊良部島から下地島へと渡り、空港裏の海へと出掛けました。

 海が宝石みたいに輝いています。

こんなに美しい海は見たことがありません。

時間を忘れて眺めました。

f:id:nekoorgan:20170810155251j:plain

 

 

 

 

 

翌日、東洋一のうつくしさと言われる前浜。

パラセーリングシュノーケリングに挑戦しました。

言葉にならないほどの美しさでした。

いろんな物を食べましたが、丸吉食堂の蕎麦は絶品でした!f:id:nekoorgan:20170810155012j:plain

 

f:id:nekoorgan:20170810155616j:plain

 

 

 

東平安名崎では咲き乱れるテッポウユリを見ました。

 

それから、海に入るとすぐに生き物がいっぱい待っている新城海岸では、宮古島を愛するゲストハウスの方とゆったり話しました。楽しかった。

 

以前から興味があったロウソク作りにも挑戦。驚くぐらい元気です。f:id:nekoorgan:20170810160212j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nekoorgan:20170810160603j:plain

 

 

色々な海を訪ね歩いて、可愛い貝殻や珊瑚に出会いました。

 

夕陽も線香花火の様に紅くて大きくて、美しかった。

 

ひまわり畑も見に行ったし、いろんな景色を眺めました。

 

毎晩うさぎやという居酒屋に通って、一人旅をしている人達と話したり、沖縄民謡を聴いたのも嬉しかったな。御飯もおいしかった!f:id:nekoorgan:20170810154748j:plain

 

最終日は雨。最後に半潜船に乗りました。

f:id:nekoorgan:20170705111746j:plain

 

竜宮城かなと思う様な大きな珊瑚や美しい魚達がたくさん見られました。

f:id:nekoorgan:20170705111752j:plain

 

 胸がいっぱいの一人旅はおしまい。

 

一人旅をした宮古島のことは一生忘れないと思います。

 

いつかまた、家族と一緒に訪れたいです。

 

 

2017年の春はパパが本島に出張に行くことになりました。ビシッとスーツを着て上司と羽田空港に向かうパパ。でも、スーツケースに投網が入っているのを知っているのは妻だけです。笑

 

出張の後、上司と小宇利島などを観光して、別行動になってから伝説に残るゆんたく(?)を経験し、琉球ガラスのネックレスをお土産に持って元気に帰ってきました。

 

沖縄。

 

あんなに美しい場所に出会えて本当に良かった。

 

あの美しい海をずっとずっと守っていきたいな。

 

ありがとう、沖縄。旅、ばんざーい!